竹炭の効能や使い方を紹介する情報サイト│竹炭屋




竹炭の使い方〜浄水効果で水道水が竹炭ミネラルウォーターに〜



水道水のカビ臭やカルキ臭を吸着する竹炭パワー

我が家では、毎年夏になると麦茶を作っています。ところが、一年前くらいからめっきり麦茶を作らなくなりました。今では、2リットルのプラスチック容器入っている市販の緑茶を購入しています。どうして作らなくなったかと原因を母に訪ねたところ、「水道水で作ってもおいしくないから」という返事がすぐに返ってきました。 確かに、市販で売っているペットボトルのお茶はおいしいに違いはありません。しかし、お茶を購入することで大量のペットボトルのゴミがでてしまいます。もちろん、今はリサイクルがすすんでいます。が、毎日ゴミを出していると、少し環境問題が心配になります。我が家は、ある一定の量のペットボトルが溜まると、ゴミ袋にまとめてスーパーのペットボトルコーナーへ持って行きます。以前より、一回に出す分が多くなったために持って行くのもさらに面倒です。そのことが少しひっかかっていました。




今年も夏になり、昔、我が家では竹炭を作って麦茶を作ったことを思い出しました。そして飲料水用の土窯づくり、最高級竹炭(平炭)の商品ページを見ているとカルキ臭さを取ってくれるという長所に気がつきました。ならば、竹炭を入れるとおいしく麦茶ができると確信し、もう一度麦茶作りをチャレンジすることになりました。竹炭を使った麦茶作りは本当に簡単でした。まず、最初に竹炭を熱湯に6片入れて、5分間煮沸しました。これは、テレビを見ていればあっという間にできてします。そして、1リットルの麦茶容器に麦茶パックを入れて、冷蔵庫で冷やしました。待つこと二時間。竹炭を入れた麦茶の味はいかに?コップに移して、ゴクゴクと一気に飲みました。麦茶の風味がいつもより増しており、あっさりしてクリアな味がしました。水道水のあのカルキくささはみじんも感じません。高知県は比較的、水がキレイではありますが日によってはカルキくさい時があるように思います。美味しいのでついつい二杯目に手が伸びます。竹炭の孔にカルキなどいらない成分がきちんと吸着され、ミネラル分がたっぷり溶け込んでいるからこそこんなに美味しいのだと実感できました。




少し前に、竹炭を入れずに麦者を作って冷蔵庫に入れた事がありました。案の定、麦茶の量が減っておらず、家族は誰も飲んでいなかったのでした。今回入れた麦茶をしばらく置きました。いつもより麦茶の量が少なくなっており、家族が飲んでくれていることが目視で分かり嬉しかったです。これは、大丈夫なのではないか。そう思い、母に竹炭で作った麦茶をすすめました。最初、母は少し嫌そうな顔で麦茶を飲んでいましたが、一口飲むと「あっさりしてる」そう言って以前よりは麦茶を飲んでくれるようになりました。すぐに我が家のペットボトルは減りそうにはありませんが、竹炭は我が家でなくてはならない存在になりそうです。





合わせて読みたい関連記事

  消臭、調湿、インテリアや食用にも。生活を快適にする竹炭

  竹炭の使い方〜ドライブ後の車内の消臭、脱臭剤〜

  竹炭の消臭効果は!?おむつバケツに入れてみました






Copyright(C) 竹炭屋 All Rights Reserved. | 竹炭屋TOPへ